Image Alt

HOME

プロフィール

小宮理実(komiya rimi)
京都生まれ、京都育ちのおせち料理・行事食研究家。
食材も時間も無駄にしない。ものの命は使い切る。つねは地味でもお祭、行事はきっちりと。
祖母との暮らしで、京都ならではの暦を意識した食と暮らしを刷り込まれて育つ。現代の暮らしに、
京都の知恵を生かす工夫を考案する日々。
食育活動をはじめ、企業の商品開発、テレビ・ラジオ・雑誌で活動中。

料理教室「fukuchidori」主宰。

本のこと

京都のふだんのおかずである「おばんざい」.と時間がかかるイメージが強いですが、京都生まれ、京都育ちの料理研究家が,京都に古くから伝わる食の知恵を現代風にアレンジし、一般の家庭でも手軽に作れるレシピを、1月から12月まで月ごとに紹介しています。
忙しくて時間がない人でも、おいしく作れるものばかり。
卵におじゃこ、お揚げさん…いつもの食材で無駄なく作る。毎日使える和のおかずと行事のごちそう12か月のレシピ。
巻末には、覚えておきたい基本のおせち料理のレシピを掲載しているほか、京都の食材に関するコラムも充実しています。

忙しい人でもおいしく作れる 京のおばんざい 四季の味

著 者…………………… 小宮理実

発行所…………………… 家の光協会

 

はじめに。幼い頃から接してきた祖母や母の言葉や、見てきたこと、口にしてきたものが、京都の暦に密接に関わっていたのだと、改めて気づくようになりました。 お節供やお祭、年中行事の起源をたどってみると、節目にはいつも、神さまと共にいただき、家族の健康と幸福を願う食がありました。なにかと縁起をかつぐのも、それなりに理由がありそうです。
暦に託された京都の食と暮らしの知恵を、わたしといっしょに探してみませんか。

本に掲載された 料理の追加 レシピ