/  

本物を知る京都人のためのフリーマガジン「ハンケイ500m」vol56レシピ掲載。 京の魚河岸 西浅様の『お子さんと一緒に簡単お魚料理紹介』にて 食育レシピを担当させていただきました。 生食用のお魚に合う「甘いだし巻きたまご」がお味の決め手です。 見た目にも華やかな「お魚とたまご焼きの手巻きずし」是非一度お試しください。 栄養豊富なお魚を食べて、今日も元気に過ごしましょう。

本物を知る京都人のためのフリーマガジン「ハンケイ500m」vol55レシピ掲載。 熟成肉でも名高い、東京田園調布にもお店を構える、 京都・中勢以様の『京中式おうちごはん』を担当させていただきました。 今回は「新玉ねぎと牛肉の甘辛煮」。 きび糖を使い、牛肉を焼き付け、旬の新玉ねぎと一緒にうまみを引き出してみました。 牛肉好きな皆さまに捧げます。  

撮影2日目に入りました。 ハレのお食事には欠かせない 家庭のばらずし(ちらし寿司)も作りました。 レシピ公開は初となります! 2月末から撮影をはじめて、約50レシピは撮影も完了。 ようやく折り返し地点に到達しました。 残すは、半分。(目指すは100?)

今日から2日間、料理の撮影に入ります。 今回は春の家庭料理(京都のおかず)を。 私がよく作るものを撮影します。 支度をしながら自身で撮影(携帯)をした バックヤード画像をご紹介!! (うすい豆、れんこん、干し椎茸) 野菜は、なんて絵になるの。

京都の老舗「西京味噌」さんのホームページ内にて 食のコラム「お味噌ふくふく便り」を綴っています。 京都のこと、季節のこと、食のことを、 おいしく、たのしく、愉快に(ぷぷっと) 感じていただけると嬉しいです。 今月は、「春のごはん」 http://e-miso.co.jp/fukufuku

Instagramをスタートさせて、まだ数日。 手探りながらも何とか続いています。 さて、今日はパキスタン生まれの 「デミタスカップ」について触れていますが 実は、長く使えるようにと、 使う前にひと手間を加えています。 作業は、とっても簡単。 米の磨ぎ汁でグツグツ、煮て、そのまま冷ますだけ。 米の磨ぎ汁に含まれる、細かい粒子が 陶器の隙間を埋める作用があるようで、 割れにくくなるとのこと。 昔ながらのお手入れ法、やっぱり好きだな~。

先日、スタッフと一緒に 久しぶりに祇園・権兵衛さんへ伺いました。 名物「親子丼」をいただきながら、 おいしく楽しい時間を過ごしてきました。 もう、たまごの半熟加減がたまらなくて。 思い出したかのように通ってしまうのです。 「とろっとろ」に弱いな~。

ようやく伺うことができました。 京都・寺町竹屋町近くにお店を構える 「アッサンブラージュ カキモト」さん。 とびっきり上質なスイーツがいただけます。 普段から、世界のおいしいものに触れられ、